Essay

ゲーム
ゲームに関する分野は下落傾向にあると言える。
しかし、下落といってもゲームそのものが作られるまでの過程や文化があまりにも
短い。

ゲームの歴史は短い。
しかし、ギャンブル性がゲームは高いものだと言える。

そもそも膨大な労力と時間を費やしてゲームと言うものを作るが、
それが売れるのか売れないのかは別問題だからだ。
多くのゲーム系の企業は、投資の他者資本でギリギリ成り立っているような状態かもしれない。

————————————————————————-
世の中の仕組みを考えると、
銀行や証券会社があって成り立っている。

その中で一番長くやっているのが株だが、

多くの人はデイトレードや短期での収益を目指そうとする。
自分は、長期かつ、どうしてもその企業が好きだから買う。という事が多い。
ここで言う好きというのは、

対象企業の理念だったり、対象企業がどのような運営を行っていたり、
様々な部分を見る。数字上よりもそこが可能な限りシンプルで長期での運営が出来るか否かを重視する。

株でよくあるパターンで上がった下がった。
今日は調子が良い 悪い
そんな対話なんてあまり興味がない。

それ以上に長期的にお付き合いをしていける銘柄があって、
その銘柄をずっと持っておく。
こうした方が実は後々良い場合もある。

日本人の感性においては、短期売買が多い上に苦労をしたくない人が多い。
だから、特にビットコインなんかの相場が上昇したのだろうと私は思う。
その多くは日本からだったと言われている。